Rummy/ 5月 6, 2018/ オナニーetc/ 0 comments

「女で良かった」って思える瞬間の一つが「クリイキ」

クリイキする方法はもちろん一つじゃないから今日はいろんな方法を紹介するね。

私が学生のころからずっとやってきた方法から最近気づいた方法までたくさんあるからやってみてね。

クリトリスオナニーを気持ちよくする方法

 

kuri
 

特に決まった方法ってないけど、一応お話ししておきます。
 

自分が一番気持ちいい方法があればそれでおしまいなんだけど。
 

さて、クリトリスですけど、クリトリスは男性にはないもので、一体なんのためにあるんだろうっていうパーツで、おそらくセックスやオナニーで感じるためにあるんだろうけど、中イキにもつながるクリイキだから、気持ちよくなる方法があればやってみたいよね。
 

聞くところによれば、クリトリスの感度はペニスの亀頭の2倍になるんだそう。
 

つまり、男性よりも2倍気持ちよくなれるってこと。
 

すごいよね~。
 

愛液やローションでヌルヌルにしたあとにコネコネすると気持ちいいよね。
 

今日は私が気持ちいいって思う方法をお話しするので、もし、「違うよ!!」っていう貴重なご意見がある方は教えてもらえるとうれしいかな。
 

私もまだまだ勉強中なので。
 

では私がやってるクリトリスオナニーのときの触り方です。
 

基本的には指の腹と指先です。
 

・指の腹と指先を使ってクリトリスをペロンとなで上げる
・クリトリスを指先を使って連続タッチ
・クリトリスを中指と人差し指で軽く挟んで振動させる
・クリトリスを中指と人差し指の指先でこねくり回す

 

他にもやり方はあると思うけど、大体こんな感じかなって思う。
 

まだまだあったらすみません・・・。
 

私もオナニー覚えたてのころはこんな感じでクリトリスオナニーをしていたけど、いまだにこの方法は王道かもね。
 

バイブにハマっても、たまに指先でオナニーするのってなんだかんだで一番気持ち良かったりすることもあるもんね。
 

そんなクリトリスオナニーをしていると、なんかキューンっていう感じがしてきて何かが出そうになる瞬間来ないですか??
 

これってイク瞬間の兆候なんですよね。
 

クリイキのツボって人それぞれ違うと思うけど、何かそういう瞬間がきたなって思ったときの動きが大事なんだよね。
 

その瞬間が来たときって、いわゆるフィニッシュのときなので、そのフィニッシュのときは一番自分が感じやすい箇所を感じやすい動きで一気に攻めますよ~。
 

すると、どうでしょう??
 

あっという間にイケてしまいます。
 

(あっという間ではなかったらごめんなさい・・。)
 

少しまとめると、
 

・どのタッチの仕方が一番感じるのかを決めておく
・イク瞬間に一番感じやすい指の動きをする
・イク瞬間の恥じらいを捨てる

 

この3つ、けっこう重要なのでよく押さえておきましょう♪
 

さて、ここで、クリトリスオナニーでイクことを覚えた皆さんに応用編として、意外なものがクリトリスオナニーに使えたりするので、ぜひ試してみてくださいね。
 

ただ、ハマり過ぎると注意が必要になるかもしれないあのシャワーを使ったクリトリスオナニーです。
 

気持ちいいけど、ときには注意が必要なので、読んでみてください。
 

クリトリスオナニーに使える意外なグッズとは!?

 

woman
 

ここからは身近にあって、クリトリスオナニーに使えそうなグッズを紹介しますね。
 

家族と同居でなかなかアダルトグッズが使えないという悩みを持っている人におすすめですよ~
 

1:シャワー

 

shower
 

シャワーを使ってクリトリスオナニー、超気持ちいいですよね。
 

理由聞かれても知るかって感じかもしれないけど、とりあえず気持ちいいですよね・・・。
 

しかもお風呂の中だからバレにくいし、証拠もほとんどないので、誰でもできるお手軽さがあります。
 

でも、シャワーオナニーもバレにくいと思って油断しながらしていると、いつしか意外な形でバレてしまうこともあり得ます。
 

今日は、私が家族に何となくバレたっぽい!?体験談をお話しします。
 

私は当時地味な学生で、今ほどオナニーにもハマっていなかったし、セックスなんて想像もできないほどウブな女子でした。
 

でも、なんとなくですけど、たまにクリトリスや股間をいじっては「気持ちいいな」って感じていました。
 

そんなある日、家にあったシャワーヘッドが壊れて、新しいものに交換されたときのことです。
 

そのシャワーヘッドはすごくて、手元のダイヤルをいじれば水圧や水の線の太さまで変えることができる画期的なものでした。
 

そして、初めてそのシャワーヘッドを試したとき、ちょっと水の線を細めて、勢いが強いモードに変えてみると衝撃が走りました。
 

それからというもの、家族と同居でバイブは買えなかったため、毎日お風呂に入る度にシャワーを使ってのオナニーにハマりまくりでした。
 

家族と同居でバレないかなって思っていましたけど、そんな心配もよそにシャワーがすごく気持ち良かったので毎日長時間のシャワーオナニーをするようになってしまいました。
 

それから、ある日家族から、水道料金がやたら高いけどどうしたんだろうっていう話になったときです。
 

思い当たる節があった私は顔がとても赤くなり、「これってバレてんのかな~?」ってすごく焦ったことがありました。
 

このあと特には追及はされなかったんですけど、何となくバレてたんかなって今でも思ってしまいます。
 

こんな経験ある人いませんか?
 

シャワーオナニーはとっても気持ちがいいんですけど、お金がかかってしまうというデメリットと、そこからバレてしまう可能性があるというデメリットがあるんです。
 

もしかしたら、バイブを買う方が安かったりします。(バイブの種類にもよりますけど)
 

てな感じで、シャワーオナニーも意外にもバレる可能性があるので、注意してやりましょうね。
 

2:指サック

 

yubisakku
 

これは、クリトリス用としても、乳首用としても使えます。
 

指サックを付けて、さらにローションと絡ませながらゆっくり乳首とクリトリスを刺激してみましょう。
 

「自分の指じゃない」みたいな感じで、まるで誰かにされている感覚がとっても新鮮で気持ちいいですよ。
 

3:スティックのりローション

 

nori
 

このオナニーはスティックのりの容器を使います。
 

中身はのりではなく、ローションを入れますが、そのローションをスティックのりの容器を使ってクリトリスに塗りまくります。
 

スティックのりの容器の布部分がクリトリスを刺激してくれてすごく気持ちいいですよ。
 

膣口付近をなぞっても全身にゾクゾク感が走る気持ち良さです。
 

4:電動歯ブラシ

 

これも王道とも言うべきオナニー方法の一つです。
 

この電動歯ブラシオナニーはブラシ部分は使わずに、ブラシの裏側のプラスティック部分を使うのがポイントです。
 

もちろん直に使うと少し抵抗があると思うので、できればサランラップを使ったりすると、衛生的ですし、さらに下着とは違った独特の感覚が味わえますよ。
 

5:携帯電話のバイブ

 

これも誰しも試したことのあるオナニーの一つだと思いますけど、このオナニーの場合、バイブレーションのパターンを変えながらするとさらに気持ちよくなれます。
 

ただし、直にアソコに押し付けると濡れてしまったときに故障の原因になるかもしれないので、できればビニール袋に入れてから使うといいでしょう。
 

できればチャック付きのビニールであればこぼれることもないのでいいと思います。
 

6:電マを使う

 

denma
 

これは定番かもしれませんが、まだ未経験の人は試してみてください。
 

電マクリトリスオナニー、超ハマります!!
 

しかも電マは普通の一般家電でも手に入るので、何にもいやらしいことはありません。
 

ただ、注意すべきことはというと、ハマり過ぎに注意ということです。
 

これは基本中の基本の使い方としては、下着の上から使いましょう。
 

濡れやすい人は別として、ショーツは履いたままのほうが刺激が強すぎなくていいと思います。
 

電マをクリトリスに押し付ける時間はだいたい数秒間として、付けたり離したりといった感じで繰り返すやり方です。
 

ずっとつけっぱなしにすると、刺激に慣れ過ぎるので最初はこの方法がいいと思います。
 

いきなり直で当てるととんでもないくらい刺激を感じる人もいると思うので、まずは徐々に調節していく方法がいいと思います。
 

そして慣れてきたらショーツを脱いで、直接当て、ヘッド部分をクリトリスを中心にくるくる回しながら当ててみましょう。
 

このやり方だと、すぐにイケますけど、この方法はなれてくると危険なので、時間を決めておいたほうがいいですよ。
 

防水電マで、ローションと一緒に使うともっと気持ちいいよ。
 

lotion
 

もちろん上下にスライドさせてこすりつける方法もアリですよ。
 

電マのヘッド部分にローションを少し塗って、そのローションの滑らかさで上下へのスライドをすると、アッと言う間にイケるでしょう。
 

くるくる回す方法とはそこまで変化はないかもしれませんけど、膣口付近からクリトリスへ撫で上げるような使い方で上下にスライド運動させるこの方法は気持ちよすぎて、途中で自分自身ではコントロールできなくなるかもしれません。
 

それから電マオナニーに慣れてきたという人は、清涼グッズを使うともっと気持ちいいですよ。
 

簡単にいうと、夏に男性がよく使う清涼感を感じられるグッズをアソコにかぶせて電マを当てる方法です。
 

例えば、フェイスタオルや、清涼スプレーをタオルに含ませたものを使うといいと思います。
 

最初からいきなりすると刺激が強いので、最初はショーツの上からでもいいかもしれないですね~。
 

でも、人にもよりますけど、アソコはとても敏感なので、直接つけることは避けたほうがいいかもしれないので、様子を見ながら試してみてくださいね。
 

できれば、扇風機の前で風に当たりながらだと、アソコがかなりスースーしてとても気持ちいいですよ。
 

もし可能であれば試してみてください。
 

ただ、シャツなどに塗布する清涼スプレーは、直接アソコには吹きかけないほうがいいです。
 

刺激が強すぎるので、タオルやハンカチなどに一度吹きかけたものを使うといいでしょう。
 

7:バイブやローターを使ってみる

 

roter
 

クリトリスオナニーをするときにもっと気持ちよくなる方法としては、「クリトリスへの絶え間ない刺激」です。
 

ただ、指でしようと思えば限界がありますし、やっぱり専用の道具でやればもっと気持ちいいですよね。
 

そこで、できるだけコンパクトなアダルトグッズを使うと、クリトリスオナニーの幅がもっと広がりますよ。
 


 


 

8:納豆のパック

nattou
 

さきほど納豆は食べ物だからという理由でやめたほうがいいと言いましたが、ここでは納豆のパックのネバネバを使ったオナニーを紹介します。
 

納豆を食べ終わったあとのまだネバネバの残ったパックに少し水を入れて、そのネバネバ水を手に取ってクリトリスをこするとすっごく気持ちよかったです!!
 

すっごくツルツルするので、ある意味ローションより滑るかもって感じです。
 

納豆とオナニーが大好きな女性にとっては一石二鳥オナニーですよ。
 

納豆そのものは食べたほうがいいですからね。
 

9:オナホールを使う

onahole
 

「何で??」って思われた方が9割以上だと思います。
 

ただ、このオナホールの中身はすっごくプニプニしてて気持ちいいんですよね。
 

男性の一番デリケートな部分であるおちんちんが気持ちよくなれるような構造なので、クリトリスにもって思って実験してみました。
 

写真はちょっとみすぼらしい感じがしますけど、撮影のときにガムテープで固定しておかなかったらうまく撮れなかったのでご了承ください。
 

この方法は筒状になっている安物のオナホールを写真のように切ります。
 

そして、内側のビラビラが見えてきますが、この部分にローションを流して、そのビラビラ部分をクリトリスにこすりつけるオナニーです。
 

ビラビラ部分がクリトリスを通過するたびにすごく気持ちいいんですよ。
 

ちなみにオナホールはなんでもいいと思います。
 

数百円の安物で十分です。
 

10:UFO・SAを使う

ufosa
 

「えっ!?これってチクニーグッズじゃないの??」
 

って思われるかもしれませんが、私RUMMYはあえてこれをクリトリスに使ってみました。
 

クリトリスをローションでベットベトにして、付属のアタッチメントのこれ、
 

ufosa
 

を付けて、回転数MAXで試してみたところ、
 

もうたまりません、すぐにイキます。
 

ufosa
 

さらに「ランダム回転モード」にして予測ができない状態で使うと、思わずエッチな声が出てしまうほどです。
 

UFO・SAに興味がある方はこちらをご覧くださいね。
 


 

11:クリトリスサッカーを使う

kuritorisusucker
 

クリトリスサッカーってご存知ですか??
 

クリトリスでサッカーをするという意味ではなく、クリトリスを吸う器具で、これを使った後にクリトリスオナニーするとすごく敏感になっていて気持ちいいというものです。
 

このクリトリスサッカーの使い方は、まずクリトリス周辺にローションを塗り、空気が抜けにくい状態を作ります。
 

それからこのクリトリスサッカーをかぶせ、上のダイヤルをちょっとずつ回していくと、中が真空状態になり吸われている感覚がよくわかります。
 

この状態でも十分気持ちいいのですが、この状態を5分くらいキープしておいて、そのあとに外していつものクリトリスオナニーをするととっても感度が敏感になっていて超気持ちいいクリトリスオナニーができると思います。
 

販売サイト:NLS 値段:2,646円(税込み)
 



 

ハマるな危険!!間違ったクリトリスオナニーはこれ!

 

woman
 

オナニーでイキやすくなるという話をしたばかりですが、注意を要するクリトリスオナニーもあります。
 

間違ったクリトリスオナニーをし続けると、セックスではイケなくなってしまうかもしれません。
 

間違ったオナニーってどんなものなんでしょうか??
 

ここでの間違いというのは、あくまでセックスのときに困るかもっていうレベルのものです。
 

じゃあ間違ったオナニーっていったいどんなものか見ていきましょう♪
 

1:足ピンオナニーのしすぎ

まずは一つ目。
 

ずばり、足ピンオナニーのしすぎです。
 

オナニーの時に足をピンと伸ばすオナニーはイキやすいって聞いたことないですか??
 

足ピンオナニーはオナニー初心者にとってはとてもいい方法です。
 

でも、ずーっとそのやり方でオナニーをヤリ過ぎると、セックス本番でも足を伸ばしていないとイケなくなるかもしれません。
 

セックスの時の体位で足ピンオナニーの体位って少ないからです。
 

つまり、こんな体位ってセックス中にはあまりしないので、オナニーのときはあまりこれにばかり慣れ過ぎないほうがいいでしょう。
 

なので、普段のオナニーではできるだけセックスでするときの体位に近い状態でオナニーするといいと思います。
 

例えば、開脚オナニー、男性から後ろからバコバコされるようなバックオナニーや立ちバックオナニーなどです。
 

もしパートナーの男性が射精しやすい体位があれば、その体位でのオナニーだと本番でもっと気持ちよくなるでしょう。
 

2:声なしオナニー

 

オナニー中、エッチな声って出してますか??
 

恥ずかしくて出していないとすれば、それはもったいないですよ。
 

オナニーは、いわばセックスのための練習にもなるので、そのときのためにできることはやっておいたほうがいいと思います。
 

男の人って、女性の感じている姿に興奮することが多いので、オナニー中に感じている姿を見せられる練習をしておいたほうがいいでしょう。
 

なので、静かにオナニーして終わるのはもったいないので、エッチな声を出す練習はしておきましょう。
 

もちろんあまり不自然にならないように・・・。
 

3:不潔なアダルトグッズオナニー

 

これも気をつけましょう。
 

クリトリスオナニーのときにローターもできるだけ消毒をしたり、コンドームをかぶせて使用するようにしたほうがベターです。
 

不潔なグッズなどを使うと、膣内にばい菌が入るといけないので、清潔さは保ちましょう。
 

バイブは防水のものが多いとは言え、一応水に触れないように使うほうがいいので、コンドームを使えば故障防止にもいいですよ。
 

4:電マオナニーのしすぎ

 

物事なんでもヤリスギはよくないということで、それは電マオナニーも同じです。
 

電マオナニーに危険性があるっていうのは、ちょっと大げさかもしれないですけど、
 

要は、電マオナニーはけっこう刺激が強いのでその刺激に慣れ過ぎてしまうとほかのオナニーやセックスで、イキにくくなる可能性があるということです。
 

まだ電マオナニーデビューしていない人にはわかりにくいかもしれないですけど、けっこう刺激強いですよ。
 

なので、電マオナニーする際は、回数頻度を決めてからするといいでしょう。
 

私は電マオナニーは回数を制限してからやっています。
 

できるだけ我慢してから電マを使うと、解禁日が驚くほど気持ちいいですよ。
 

5:シャワーオナニーのしすぎ

 

みなさんはシャワーオナニーしたことありますか??
 

水圧によってはクリトリスが適度に刺激されて、バレる心配もなく安全に、そしてお手軽にできるオナニーですけど、これもやっぱりやりすぎに注意です。
 

適度にするのはいいですけど、やりすぎるとやっぱりシャワーオナニーでしか感じられなくなるので、頻度と時間はあらかじめ決めておいたほうがいいでしょう。
 

習慣化すると、指オナニーなどのいつものオナニーが物足りなくなってくるので、水圧にも注意しましょうね。
 

6:山芋

 

納豆と同じようにヌルヌルねばねばだけど、食べ物であることに加えて、オナニーが終わったあとに間違いなく、強烈なかゆみが襲いかかってきます・・・。
 

オナニー後に外出すると、ずっと股間をかきたくて仕方がない状況になります・・・。
 

やめときましょう。
 

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*